クッキングハウスからこんにちは No.190(記事の一部抜粋)

2020年2月3日発行

 


第128回 将来を考える会
第三者評価の講評 高い評価をいただきました


2019年8月に実施された、第三者評価。
「みんなの力」の評価委員の方々の説明を受け、
メンバーもスタッフも100%アンケート回収に協力。
その後、さらに丸一日の聞き取り調査。
2020年1月、講評をいただきました。
メンバーもスタッフもいっぱい集って、熱心に結果を聞きました。
全体として、サービス面・運営面ともに高い評価をいただきました。とても嬉しいことです。

何よりも高く評価してもらったのは、
①クッキングハウスの理念がしっかりとあり、
 一つ一つの実践が理念に基づいていること、
②運営の資金が確立し、生産活動も伸びていること、
③通信・ホームページ・ブログ等を通じて、
 常に地域社会に向かって情報発信していること、
④SSTやメンタルヘルスのたくさんの学びの裾野を広げ、
 共生社会に向けて取り組んでいること、
⑤メンバーたちが自分のペースで楽しんでできそうなことを見つけて、
 可能性を広げられるようにたくさんのチャンスを用意していること。

今まで実践してきたことをまるで通信簿のように、評価していただき、前向きな元気が出てきました。

シェアリングより
・ 自分ができることをコツコツとやってきたことがよかったのだと分かりました。
・ 改善点を教えていただくと、また改めていくきっかけにあります。

最後のシェアリングでも、ひと言ずつ皆が感想を語る姿を見て、
「皆が集って結果を聞いてくれて、
皆が感想を伝える施設は他にはありませんよ」とびっくりされ、
とても喜ばれました。

クッキングハウスの日常では、空気のように当たり前になっていますが、
他ではあまり見られないことなのですね。


この第三者評価で改善点が見えてきて、早速に実行に移していることは、
1. 非常勤スタッフとの毎朝のミーティング開始
2. ヒヤリハット研修を全スタッフで行うこと
3. 個別支援計画をメンバーの誕生月に合わせて行い、メンバーもスタッフも覚えやすくしたこと

第三者評価の結果は、福祉ナビで2020年3月より閲覧することができます。


(松浦幸子)

<<ホームへ戻る

<<通信一覧ページへ戻る